1. >トップページ
  2. >コラム一覧
  3. >第55回「年末のご挨拶」

第55回「年末のご挨拶」

<一覧へ戻る

2017.12.26
今年も、悲しい事件うれしい出来事たくさんありました。
それぞれの思いを胸にまた新しい年を迎えます。

今年もたくさんのご厚情を賜りありがとうございました。
新しい年が皆様にとって、よりすてきな一年となりますよう
心よりお祈りしながら今年のコラムは終わります。


皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。


※年末年始休暇:2017年12月29日~2018年1月4日
 1月5日(金)より営業致します。



______________________________________________




気が付くと2017年もあと10日で幕を閉じます。
年末の慌ただしさで見落とされることも多いですが、この
時期の歳時記として冬至も控えています。

冬至は、太陽が軌道上の最も南に来るときで、夏至と反対で
夜が最も長く、昼が短い日です。
夏至から徐々に日照時間が減っていき、南中の高さも1年で
最も低くなることから、太陽の力が一番衰える日と考えられ
てきました。

冬至は「一陽来復」と呼ばれることもあります。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉で、中国の昔
の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、11月になると陽の
気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。つまり、
衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるため、新しい年が
来るという意味の他に、悪いことが続いた後に幸運に向かうと
いう意味も込められているそうです。。

また冬至といえば柚子(ゆず)湯。この日に柚子湯に入ると風邪
を引かないと言われています。単なる語呂合わせかもしれませんが、
「融通がきくように」との説もあります。

個人的には悲喜こもごもの激動の2017年でしたが、冬至には
ゆず湯で気持ちをリセットして新しい年に備えようと思います。


すぎもと

_______________________________________________________________________


私は全く実感がないのですが、近頃の景気は一部にあのバブル期に
近いものを彷彿させるところがあるそうです。

そしてテレビでバブル期の話をする時、バックに必ず流れるのが
あの音楽♪とあの映像。
羽のついた扇子を手に持って、お立ち台の上で踊っている
髪の長い元気なお姉さんたちの姿。

ワンレン、ボディコン、肩パット入りのスーツ・・・
あの時期、全ての女性があのような服装をしていたわけではありませんが、
時代を象徴する服装のひとつではありました。

そんなファッション、近頃テレビでインターネットでちょっと見てませんか?
大坂にある高校のダンス部が80年代の音楽に合わせて踊る
キレッキレのダンスで着ている衣装や髪型がまさにそれなのです。

ご覧になった方も多いかと思いますが、まだの方は一見の価値有です。
とにかくダンスのキレ度?と完成度、ユニークな振り付けは半端なく、
その動きは積み重ねた練習に裏打ちされていているであろう事は
素人の私が見てもわかります。


さてそのダンス部の生徒がテレビでダンスを披露したあとに、司会者が
「この衣装はどのようにして用意したのですか?」と聞いたところ、
「古着屋で捜しました。」「写真を見てリフォームしました。」
ここまでは、「うんうん、そうよね。」と聞いていた私でしたが、
次の人は「おばあちゃんが持っていた服を借りました。」との回答。

「え?おばあちゃん・・・。
あの時期踊っていた?人の中には、高校生の孫がいる人もいるんだ・・。」
私はテレビに向かって独り言。


で、結局何がいいたいのかと言いますと、
時はどんどん流れているのだな・・と。

今年も残すところ3週間を切りました。



______________________________________________





今日も寒いです。

今年は寒くなるのが早いような気が・・・。
例年なら今頃からそろそろ厚手のコートをと思い始めるのですが、
今年は11月の中旬から既に厚手のコートを着ていました。

さて、寒くなると欲しくなるのは温かいもの。
コンビニに立ち寄ると、レジ横の中華まんと財布がはげしい
駆け引きをします。

そして中華まんと同じくらい?温かい食べ物と言えば鍋料理。
寒くなればなるほど食卓への登場回数がぐぐっと増えます。

今わたしがちょっとはまっているのが、ぶりしゃぶです。
ポン酢ともみじおろしでいただくとさっぱり。
アルコールもご飯もどんどんいっちゃいます。


昨今はいろんな鍋の素が売られていて、
キムチ鍋やちゃんこ鍋の素は普通に存在しており、
近年目に付くところではトマト鍋、豆乳鍋、カレー鍋、
とんこつしょうゆ鍋などおおっ?と思うような味が売られています。
更にレシピ集を覗いてみると、アボガド鍋、フルーツ鍋、ハッシュドビーフ鍋
等、私の頭の中では鍋の想像もつかないものも・・。

チャレンジ精神のない私はずっとオーソドックスな味で
満足しておりましたが、先日豆乳鍋の素を頂き初めて試してみました。

皆様は豆乳鍋召し上がったことありますか?
召し上がった事がある方、お味はいかがでしたか?
保守的な私としては、豆乳鍋は今回が最後でいいかな・・という感じでした。

私の個人的な感想はともかく、今夜も冷えそうです。
温かい食べ物で、心も体もぽかぽかになって
ぬくぬくの週末をお送り下さい。


<一覧へ戻る

お問合わせINFORMATION

東京本社
03-3707-6794
仙台支店
03-3707-6794
フリーダイヤル
受付時間/8:30-17:30
定休日 / 土曜・日曜・祝日

ご質問や、ご不明な点が御座いましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。専属のスタッフがお答え致します。

お問合わせ

コラムCOLUMN

ユアーズコーポレーションのスタッフが綴る駐車場経営や日々の業務から感じることを綴ったコラム。

コラムを読みにいく

コインパーキング・ユアーズコーポレーションTOPへ