1. >トップページ
  2. >コラム一覧
  3. >第62回「土地を有効活用して儲けられる。コインパーキング経営について教えます」

第62回「土地を有効活用して儲けられる。コインパーキング経営について教えます」

<一覧へ戻る

2018.10.02 余っている土地があるなら、コインパーキング経営を検討してみませんか。
土地の有効活用と収益を得ることができるということで、今注目されている活用法について詳しく解説します。


遊休資産になっている土地を持っている方におすすめの資産活用方法
土地は、遊休状態では価値が下がってしまいます。
それは、土地は所有しているだけでも固定資産税が発生し、管理する費用・手間がかかるからです。そこでおすすめなのが、コインパーキングを設置して収益をあげながら活用する方法です。
特にコインパーキング経営はリスクの少ない土地活用方法として注目を集めており、条件によってコストを上回る月々の収入が期待できるでしょう。


狭小地や変形地で活用しにくい土地でも、駐車するスペースがあれば土地活用できる
狭小地は、利用できる目的や範囲が限られてしまうため、一般的に周辺の土地価格相場よりも価値は安くなる傾向があります。

しかし、建物を建てるには狭すぎる土地でも、コインパーキング経営ならば収益を生み出す可能性があります。

狭小地であっても荒地のまま放置しておくと固定資産税がかかるだけでなくごみの不法投棄をされるリスクもあるので、コインパーキングで土地活用するには大きなメリットがあります。


比較的少ない資金で始められる
土地活用をする上でコインパーキングというのは最も手っ取り早い活用方法です。この章ではコインパーキング経営のメリットやデメリットについて考えてみましょう。

まず、メリットとして投資額が少なくても済むということがあげられます。「一括借り上げシステム」を利用すれば、初期費用が0円からはじめられます。
一方、デメリットとしては場所によって利益が少ない場合があるという点です。
節税効果が薄い場合もあるという点や、今後車を持つ方が減少し需要が減るという可能性も否定できません。
これらをよく考えて駐車場経営を行う必要があります。
しかし、「一括借り上げシステム」であれば、毎月一定の賃料を受け取ることができます。このことから、当社をご利用いただくことで多くのメリットを感じていただくことが可能です。


借地でも運営可能
土地を所有者との間で、コインパーキングを運営することを明確にした契約があれば転貸といった形式で運営をすることも可能です。詳細については会社により異なりますが、当社でもご相談いただけます。


トラブルや運営に関することは運営会社に任せられる
コインパーキングを運営する上で、集客をはじめとした宣伝活動、料金の集金や清掃、点検などの日常業務が必要です。その他としてはトラブル対応です。長期駐車や不正出庫などのトラブルに加えて利用者からのクレーム対応は24時間体制で行いたいものです。
これらを全てご自身で行うことが難しい場合は、運営会社で代行も可能です。
サービス内容については、各社異なりますので契約前に明確にしておきましょう。



まずは運営会社に気軽に相談してみよう
遊休地を駐車場にして収益を得たい、とお考えであれば、まずは運営会社へ出向いてみましょう。
駐車場の土地としてふさわしいかどうか総合的に判断してくれます。
また、複数社で見積りをすることで予算などの面もクリアできる可能性が高いです。
当社でも多くの事例がございます。コインパーキングのことなら詳細についてもお伝えします。ぜひ一度お問い合わせください。

<一覧へ戻る

お問合わせINFORMATION

東京本社
03-3707-6794
仙台支店
03-3707-6794
フリーダイヤル
受付時間/8:30-17:30
定休日 / 土曜・日曜・祝日

ご質問や、ご不明な点が御座いましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。専属のスタッフがお答え致します。

お問合わせ

コラムCOLUMN

ユアーズコーポレーションのスタッフが綴る駐車場経営や日々の業務から感じることを綴ったコラム。

コラムを読みにいく

コインパーキング・ユアーズコーポレーションTOPへ