1. >トップページ
  2. >コラム一覧
  3. >第73回「コインパーキングで経営ではどんな税金が発生する?種類と計算方法について」

第73回「コインパーキングで経営ではどんな税金が発生する?種類と計算方法について」

<一覧へ戻る

2019.02.28 「コインパーキング経営ではどんな税金が発生するの?」「具体的な税金額はどうやって計算したらいいの?」など、コインパーキング経営における税金について疑問を感じている方は少なくありません。
知らずに未納してしまっては、後日延滞税が加算された分が請求されるため、注意が必要です。
今回は、コインパーキング経営における税金の種類と計算方法について解説します。



■コインパーキング経営で発生する税金の種類と計算方法

さっそく、コインパーキング経営で発生する税金の種類と計算方法について解説します。
経営を始めて間もない方や、経営を検討している方はよくチェックしておきましょう。


固定資産税の場合

コインパーキング経営で、メインの税金となるのが「固定資産税」です。
土地、建物といった所有不動産がある方を対象に支払い義務のある税金であるため、コインパーキング経営をしている場合は、必ず支払わなければなりません。
固定資産税の計算方法は決して難しいものではなく、意外にもシンプルです。

【固定資産税の計算方法】
課税標準額×1.4%=固定資産税

「課税標準額」が分からない場合は、事前に市役所に確認することができます。適正な価格で固定資産税を計算するためにも、具体的な課税標準額が分からない方は、きちんと確認しておきましょう。


都市計画税の場合

土地計画税とは、「都市計画」を目的として使用される税金の一つです。
しかし、コインパーキングの経営者に必ずしも支払い義務が課せられるわけではありません。市街化区域内の土地を所有している場合にのみ、支払義務が発生する税金であるため、エリアによっては、都市計画税が発生しないこともあります。
自分が「都市計画税」の該当者になるのか、市役所などにきちんと確認しておきましょう。


■コインパーキング経営の税金を把握しよう

コインパーキングの経営は、副業やビジネスとして魅力的なビジネスモデルです。
しかし、発生する税金についてきちんと把握しておかなければ、「税金未納」「税金滞納」といった状況に陥ってしまうことがあるため要注意。
知らず知らずに、トラブルを招いてしまわないためにも、今回の記事を参考にしながら、税金について今一度理解を深めましょう。

<一覧へ戻る

お問合わせINFORMATION

東京本社
03-3707-6794
仙台支店
03-3707-6794
フリーダイヤル
受付時間/8:30-17:30
定休日 / 土曜・日曜・祝日

ご質問や、ご不明な点が御座いましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。専属のスタッフがお答え致します。

お問合わせ

コラムCOLUMN

ユアーズコーポレーションのスタッフが綴る駐車場経営や日々の業務から感じることを綴ったコラム。

コラムを読みにいく

コインパーキング・ユアーズコーポレーションTOPへ