1. >トップページ
  2. >コラム一覧
  3. >第65回「コインパーキング運営で知っておきたいこととは」

第65回「コインパーキング運営で知っておきたいこととは」

<一覧へ戻る

2018.11.01 コインパーキング経営に乗り出そうと考えているあなたは、経営に関する知識を持っていますか。まだ自信がないという方のために、「コインパーキング経営において知っておきたいこと」について説明します。


収益予測は2割ぐらい割り引いて考える
「稼働率」は経営者にとって気になる数字です。
回転の速いコインパーキングにおいても稼働率は常に意識して経営に当たらなければなりません。

では、この稼働率を上げるにはどうすればいいのでしょう。
近隣にタワーパーキングとか立体駐車場が多くある場合、それらの駐車場に入りにくいSUVやファミリーカーなどを取り込むことができます。
利用料金を下げれば稼働率は上がりますが、これでは商売は成り立たなくなる可能性が高くなります。

これらを回避するために、料金表示の方法に工夫をするという方法があります。
例えば「1時間1,200円」と表示せず、「10分200円」と表示することで、心理的に利用しやすくなります。

そして、経営に当たっては、「常に低め」の稼働率、例えば2割ぐらい割り引いた稼働率で考えることが重要です。最低限の収益予測で考える事により、余計な投資をせずにリスクを抑えられます。


市場調査は半径300m程度の範囲で行う
遊休地の有効利用や低リスクですぐにでも経営が始められることなどが理由で人気のコインパーキング経営ですが、始めるにあたっては市場調査を慎重に行わなければいけません。
では、コインパーキングの市場調査では何を調べればいいのでしょうか。

まず、コインパーキングにしようとする土地の形状や入りやすさ、さらに周辺の需要の可能性を、細かな目線で調べておかなければなりません。

さらに、周辺の競争相手を把握することも重要です。市場調査では半径300m以内、歩いて8分足らずの範囲をくまなく歩いて回ります。
そして同様の駐車場があれば場所、収容能力、料金体系、稼働率などを平日と土日、あるいは時間帯ごとに調べておきましょう。
地道な市場調査は立派な競合のデータになりますので、最も力を入れたい仕事のひとつです。


最大料金を設定する
コインパーキングで料金案内看板に書かれている最大料金の文字が大きいのに気付かれたことはありませんか。

実は、この最大料金こそが他のコインパーキングとの差別化を図る最大の武器になることがあります。単価については周辺の相場を崩して安く設定するのは得策ではありません。価格競争に陥ってしまい、利益につながらなくなるからです。

しかし、最大料金に関しては周辺相場より低い金額を提示しても問題はありません。
最大料金を気にして駐車する方は、長時間利用する方であり、リピートする方も多くいます。リピート客を多く確保することで、安定した経営につながります。


駐車スペース2台分から始められる
コインパーキングの経営はある程度広い土地を持っていないと無理だと思っていませんか。

土地が余っていても、狭くてどうしようもなく空き地のまんま放置している方は少なからずいらっしゃるでしょう。

住居を建てるには狭くて向いていなくても、コインパーキングなら車を停めるスペースが2台分ほどあれば充分活用できます。
立地のよい場所に土地がある場合は、空き地として放置せずに、手間もコストも抑えて始められるコインパーキング経営がおすすめです。
例外としまして、都心とかの需要が非常に高く稼働率の良い場所では1台でも運営できる
ケースがあります。

所有している空き地を有効活用してみませんか
狭小地でもコインパーキング経営なら、やり方次第で有効活用できます。
数時間だけ車を停めたいという需要の多い場所なら充分な稼働率が得られて収益も見込めるので、余った土地がある方すべてにチャンスがあります。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

<一覧へ戻る

お問合わせINFORMATION

東京本社
03-3707-6794
仙台支店
03-3707-6794
フリーダイヤル
受付時間/8:30-17:30
定休日 / 土曜・日曜・祝日

ご質問や、ご不明な点が御座いましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。専属のスタッフがお答え致します。

お問合わせ

コラムCOLUMN

ユアーズコーポレーションのスタッフが綴る駐車場経営や日々の業務から感じることを綴ったコラム。

コラムを読みにいく

コインパーキング・ユアーズコーポレーションTOPへ